OBSCURE RAPCORE

OBSCURE RAPCORE HAS BEEN SPREADING THE WEALTH OF UNDERGROUND RAPCORE SINCE 2015.

2019年12月

アメリカ出身。9thアルバム。ラップが減ってアプローチ的にはPayable On Deathに近いかもしれません。Criminal ConversationsでIn This MomentのMaria Brink、RevolucionでSick Of It AllのLou Kollerが参加。2015年発表。 ...

アメリカ出身。8thアルバム。全盛期ほどの勢いこそないものの、HigherのようなSatelliteを彷彿させるP.O.D.節全開の曲や、Cypress HillのSen Dogをフィーチャーした超キャッチーチューン、West Coast Rock Steadyなどのフックの効いた曲もしっかりと収録されています。Eyezで ...

アメリカ出身。オーストラリアツアー用に作製されたプロモCD。リミックスやライブ音源が中心で、その他もだいたい既出曲で構成されていますが、映画End Of Daysの挿入歌Crushedや、StaindをフィーチャーしたPublic EnemyとAnthraxのコラボカヴァーBring The Noiseといった、 ...

アメリカ出身。ニューメタルにラップとシャウトを使い分けるボーカルが絡むスタイルで、曲のテンポが所々で切り変わるトリッキーな演奏が印象的です。ラップがシャウト気味なこともあり、ニューメタル好きにもおすすめできるサウンドです。2004年発表。 ...

アメリカ出身。5曲入りミニアルバム。ファンクメタル系の演奏にラップ、ラガボーカル、歌い上げが絡むスタイルで時折Insolenceを彷彿させます。初期のIncubusあたりからの影響も伺えます。2001年発表。 ...

↑このページのトップヘ