OBSCURE RAPCORE

OBSCURE RAPCORE HAS BEEN SPREADING THE WEALTH OF UNDERGROUND RAPCORE SINCE 2015.

フランス出身。7曲入りEP。ファンクメタルよりのニューメタルに仏語リリックのラップとDJのターンテーブルが絡むスタイルです。ブリブリなベースがファンキーさを演出しています。2001年発表。 ...

アメリカ出身。11thアルバム。特に語ることもないですが従来どおり安定したラップコア+ポップパンクを披露しています。ちなみにSo Whatでの擦りはMan With A MissionのDJがやってるそうです。2015年発表。 ...

カナダ出身。3rdアルバム。更にニューメタル的な演奏になり、シャウトとラップを使い分けるボーカルもより磨きがかかっています。メロディの入れ方も以前よりエモくなり好感触です。某日本人レスラーがテーマとなった珍曲Atsushi Onita収録。2000年発表。 ...

カナダ出身。カナダのバンド2組によるスプリット作。GriftサイドのTheo's RevengeとRey Mysterio Jr.は後のアルバムに再録されますがバージョン違いです。Sick of the MallとBlindという曲はアルバム未収録です。もう一方のバンドDirgeはラップコアではなくニュースクールハ ...

カナダ出身。2ndアルバム。演奏がより90'sニューメタル的になり、全体を漂う独特な重厚感と時折見せるメロディックパートのバランスがいいです。1stで歌を担当していたボーカルが正式メンバーだったかは不明ですが、このアルバムでは一人のボーカルが終始ラップとシャウトを ...

カナダ出身。1stアルバム。パンクやハードコアからの影響が伺えるニューメタルにラップとシャウトを使い分けるボーカルが絡む90'sスタイルのラップコアです。時折同じボーカルがやっているとは思えないメロディックな歌が入るので恐らくツインボーカル?です。1996年発表。 ...

アメリカ出身。当時オフィシャルサイトで1000枚限定でリリースされた4thアルバム。以前までのラップコア+エモ的なスタイルを捨て、エレクトロポップ、ヒップホップ路線に振り切った作風になっています。Shellshockedのリミックス収録。2006年発表。 ...

アメリカ出身。5曲入りEP。エレクトロニクスを導入したインダストリアルメタルからの影響が伺えるニューメタルにシャウトボーカルが絡むスタイルですが、時折ラップ調ボーカルも入ります。特に似てるわけではないですがSlipknot, Dope, Static-Xあたりが好きなら聴けると思い ...

アメリカ出身。ニューメタルの攻撃性とポストグランジのメロディを掛け合わせたようなサウンドに歌とシャウトを使い分けるボーカルが絡むスタイルです。ラップコアではないですが、Feelという曲でのボーカルデリバリーがIncubusっぽく若干ミクスチャー感があります。2002年発 ...

アメリカ出身。6曲入り1st EP。NYHCにラップ~スポークンボーカルが絡むスタイルのニュースクールハードコアで、BiohazardやDownsetに通じる部分があります。1997年発表。 ...

↑このページのトップヘ