OBSCURE RAPCORE

OBSCURE RAPCORE HAS BEEN SPREADING THE WEALTH OF UNDERGROUND RAPCORE SINCE 2015.

アメリカ出身。2曲入りシングル。どちらもアルバム未収録です。特にタイトル曲はラップ、シャウト、歌のバランス、演奏全てにおいてVenaculasの集大成と言っても過言じゃないと思います。2007年発表。 ...

オーストラリア出身。ニューメタルにラップ、シャウト、歌を使い分けるボーカルが絡むスタイルで、一聴したところSuperheistやBisonに近いですが、両者よりも湿っぽいメロディと歌い上げが特徴的です。2000年発表。 ...

オーストラリア出身。5曲入りEP。デモとは名ばかりで普通にクオリティ高いです。従来どおりのニューメタルにラップ、シャウト、歌を使い分けるボーカルが絡み、時折エレクトロニクスを取り入れた王道00年代ニューメタル系ラップコアです。2003年発表。 ...

アメリカ出身。元SublimeのメンバーにRome Ramirezなるシンガーを起用したプロジェクトの1stアルバム。熱狂的なSublimeファンの間では賛否両論となっておりますが、カジュアルに聴く分には全然ありだと思います。2011年発表。 ...

アメリカ出身。7曲入りEP。基本的にハードロックからの影響が伺えるニューメタルですが、Baahという曲でラップボーカルが入ります。同じくBaahとQueefという曲で申し訳程度にスクラッチ音が聴けます。2曲ラジオエディットなので実質5曲入りです。2000年発表。 ...

アメリカ出身。2ndアルバム。基本的に前作同様のメロディックなコーラスとラップが絡むニューメタルコアですが、新たにターンテーブルを導入した曲もあり、より往年のミクスチャー感が強まりました。流行りは20年周期で回るとは言いますが、最近本当にこの手のスタイルが増え ...

アメリカ出身。2ndアルバム。一聴してP.O.D.っぽくなったなと思っていたら、実際にThey Don't Like Itという曲でP.O.D.のボーカルSonnyが参加しています。ラップと歌が増えシャウトが大幅に無くなり、いわゆるメタルコア感が削がれSylarやFrom Ashes To Newのようなメロディ ...

フィンランド出身。5曲入りEP。特にメタルが盛んな北欧ではニューメタルやラップコアのように正統派メタルから乖離したスタイルは毛嫌いされがちですが、この当時からそんなことお構いなしでラップコアしています。北欧ラップコアのキーバンドの初期音源ということでチェック ...

アメリカ出身。5曲入りEP。後にそれなりの成功を収めるニューメタルバンドAdemaのギタリストとベーシストが在籍していたバンド。時折ラップというかKoRnのスキャットに近いスタイルのボーカルが入りますが、それを差し引いてもかなりKoRnを彷彿させる90'sニューメタルです。1 ...

アメリカ出身。6曲入りEP。ポストハードコアにエレクトロやR&B要素を取り入れ、DJのターンテーブルも絡むミクスチャー感の強いスタイルです。Love, Sex, RiotでAttilaのFronzが参加。2012年発表。 ...

↑このページのトップヘ