OBSCURE RAPCORE

OBSCURE RAPCORE HAS BEEN SPREADING THE WEALTH OF UNDERGROUND RAPCORE SINCE 2015.

イギリス出身。9曲入りEP。Bring Me The Horizonの新作EPがめちゃくちゃ良かったので紹介します。デスコア/メタルコアから脱却して久しいですが、前アルバムamoで更に音楽性を広げ、本作ではへヴィなサウンドに回帰しつつも新しい試みが随所で感じられます。デジタルリリース ...

アメリカ出身。1stフルアルバム。NYHCですがこの手のバンドにありがちなラップっぽいボーカルデリバリーがあります。Danny Diabloも参加しており、DMS関連なのでラップコアリスナーよりはハードコアリスナー向けなバンドです。 2002年発表。 ...

アメリカ出身。ベストアルバム。Three Dollar BillからResults May Varyまでのアルバムからの選曲に加え、未発表曲2曲とMotley CrueのHome Sweet HomeとThe VerveのBittersweet Symphonyをメドレー調にカヴァーした曲が収録されています。2005年発表。 ...

アメリカ出身。メジャーデビュー6曲入りEP。ほぼインディー期1stのFugus Amongusからの再録曲で構成されています。1996年発表。 ...

アメリカ出身。12thアルバム。00年リリース2ndアルバムBrokeの20周年を意識して制作されたらしく、ジャケットもBrokeを模したアートワークで原点回帰への期待値が高まっていましたが、蓋を開けてみれば近年のスタイルのままでした。レゲエよりのパンク、メタル/ハードロック ...

アメリカ出身。5曲入りEP。ギターとボーカル/アコーディオンという異色編成のニューメタルデュオです。終始怪しい雰囲気が漂っており、昔のMarilyn Manson的なダークなインダストリアル感があります。ちなみにラップコアではないので悪しからず。2000年発表。 ...

オーストラリア出身。3曲入りデモ。ニューメタルにメロディックな歌とラップ/シャウトのツインボーカルが絡むスタイルです。デモだけあって荒削りですが、正式にデビューしていたらそれなりに成功できた可能性を感じるポテンシャルがあります。発表年不明。 ...

アメリカ出身。ニューメタルにラップボーカルが絡むスタイルでメンバーにDJとシンセ使いがいるので擦りと電子音も入ります。アルバムを通して同じような雰囲気ですが、コテコテなラップコアやメロディックな曲、ヒップホップ色が強い曲や歌メインの曲など、一応使い分けてい ...

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。今日は2020年に入手した"戦利品"のトップ10を発表いたします。レア度や内容、個人的にテンションが上がった等が主なポイントとなっており、完全な主観的ランキングとなっています。 早速参りましょう。 ...

アメリカ出身。ニューメタルにラップ、シャウト、歌を使い分けるボーカルが絡むスタイルで、歌メロの感じや曲運びがDrop Logicに近いですがサウンド的にはよりニューメタル色が強いです。2002年発表。 ...

↑このページのトップヘ